新電力で店舗・事業所・ご家庭の電気料金がさらにお安く
東北・宮城の新電力東北・宮城の新電力
新電力会社宮城エナジー電話番号新電力会社宮城エナジー電話番号
宮城でんきカスタマーセンター電話番号宮城でんきカスタマーセンター電話番号
新電力で店舗・事業所・ご家庭の電気料金がさらにお安く
電力会社宮城エナジー電力会社宮城エナジー
 
宮城でんき お問い合わせ電話番号宮城でんき お問い合わせ電話番号
宮城でんきカスタマーセンター電話番号宮城でんきカスタマーセンター電話番号

HOME | 電力自由化とは

電力自由化とは

でんき
電力自由化の流れ

2016年4月低圧電力の自由化

新電力 自由化
電力事業には①発電、②送配電、③電力の小売り の3つの工程があります。事業者や家庭などに関係してくるのが③電力の小売りです。
 
最初の小売自由化は、2000年3月に始まりました。はじめは、「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選ぶことができるようになり、新規参入した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。
その後、2004年4月・ 2005年4月には、小売自由化の対象が「高圧」区分の中小規模工場や中小ビルへと徐々に拡大していきました。
そして、 2016年4月1日からは、「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が選べるようになりました。

でんき
電力自由化とは

電力自由化によって「電力会社」を選べる時代の到来!

電力自由化
電力はこれまで、地域の決められた電力会社から購入する事しかできませんでした。(東北地方の場合、東北電力の独占契約のみ)
しかし、電力の自由化による「新電力」の参入によって、特定の電力会社以外からも電力を購入することが出来るようになりました。
新規参入されるという事は当然、価格競争の原理と経営努力によりサービスに差が出てくる事により電気料金が安くなります。新しい電力サービス・プランが生まれたことで、ニーズに合わせて個々に「電力の購入先を選択する」ことが可能になります。
 

でんき
日本の電気料金は高い

新電力 自由化
日本の電気料金は先進国の中で最も高いと言われています。これは、地域によって決められた大手電力会社によって電力が供給されていたため、価格の競争原理が働かなかったことが原因です。
また、発電にかかる全コストに、適正な利潤を加算して算出されていたことも高価格の原因のひとつとなっていました。すでに電力小売自由化に踏み出しているドイツ、フランス、イギリス等に続き、日本も電力自由化に向けて動き出しました。 

でんき
電力の仕入先が選べる

電力の自由化によって、これまで地域ごとに決められていた特定の電力会社だけでなく、他の電力事業者からも電力を購入することができるようになりました。つまり、今まで決まった1社からしか買うことのできなかった電力を、これからは「どの会社から買うか」、個々に選択できるようになったです。


電力システムに関する改革方針

①安定供給を確保すること
災害などで問題が起こった場合でも、常に「電力供給」が継続できるよう、安定した電力源と電力供給の確保を構築したい。
 
②電気料金を抑制すること
企業間の競争を促し、電気料金が抑制(安くなるよう)を目指す。
 
③需要家の選択肢や事業者の事業機会を拡大すること
従来のシステムを無くし、どの事業者も自由に「電力の小売事業」に参入できるよう、ビジネスの土壌を作る。 
 
この3つのシステムを実施していくことが「電力の自由化」です。


宮城電気お問い合わせ見積もり宮城電気お問い合わせ見積もり
宮城電気お問い合わせ見積もり宮城電気お問い合わせ見積もり
申し込み手続きの手順申し込み手続きの手順
ハルエネ宮城でんきfacebookハルエネ宮城でんきfacebook
ハルエネ宮城でんきマイページハルエネ宮城でんきマイページ
みやぎでんきカスタマーセンターみやぎでんきカスタマーセンター
電力自由化とは電力自由化とは
経済産業省 エネルギー庁経済産業省 エネルギー庁